東京でシェアハウスを探すときの注意点とは?

シェアハウスを探すときには、物件がたくさんある東京で探すといいでしょう。多くの人はネットから探して契約を行いますが、ここで実際に契約する前にきちんと注意しておきたいポイントがあります。
例えば、利用者にタバコを吸う人がいるかどうかです。管理会社もさすがにそこまでは把握していないことがありますが、タバコを吸わない人にとっては同居している人が喫煙者だと死活問題です。せっかく契約してもタバコを吸う吸わないで喧嘩になっては意味がありませんので、事前に確認しておくといいでしょう。また、合法ハーブ系も当然アウトです。いくら合法であってもそもそもハーブをやっている人とシェアするのは今後のことを考えると危険が及んでしまう可能性があるので、管理会社にきちんと確認しておきましょう。

マルチ活動などにハマっていないか?

東京でシェアハウスを探すときには、同居人がマルチ活動をやっていないかにも注意する必要があります。ルームシェアというのは、新しく人と人との繋がりが誕生する素敵な場なのですが、同時にマルチ活動の勧誘も受けやすい場でもあります。
そのため、同居人がマルチ活動を始めると、高確率でルームメイトも勧誘されますし、勧誘が始まるとトラブルの原因にもなってしまいます。たとえ自分が手を付けていなくても、他の利用者が手を付けているとリビングにすら行きづらくなってしまうので、このようなハウスは避けた方が無難です。ハウスを選ぶときには、お互いが健全な関係でいられるような場所を契約しましょう。また、宗教活動も同様のことが言えます。しっかりとした管理会社であれば、契約書に禁止事項として盛り込んでいるので、そのような管理会社が扱っている物件に入居するようにしてください。

楽しめるイベントがあるかどうかも大事

シェアハウスでは見知らぬ人達が一緒に暮らすので、最初は良くてもだんだんマンネリしてくることがあります。そんなときに、例えば皆でたこ焼きパーティーやバーベキューをすることによって、お互いの良さを再確認することができ、より絆が深まるようになります。
イベントの企画はルームメイトが行ってもいいですし、管理会社が行ってくれることもあります。管理会社が企画してくれた方が手間がかからないので、できればそのような管理会社が所有する物件に入居した方がいいでしょう。イベントは季節の変わり目やお正月やクリスマスなどに行われることが多いです。皆でわいわい騒ぎたいけど、引っ込み思案だから不安だという方は、ぜひこのようなハウスに入居してください。

沖縄にてゲスト交流型ホテル「ESTINATE HOTEL」を運営。宿泊予約、随時受付中! SAでの生活が体験できる内覧会も随時実施中! 1人の時間、空間を確保しながら交流のある生活を楽しめる、新しい一人暮らしのスタイルをご提案します。 急な転勤や異動による住居のご相談に乗ります。 本社は渋谷駅から徒歩3分。渋谷クロスタワーの25階です。関西の神戸・沖縄の那覇にも支店あります。 東京でシェアハウスにはないライフスタイル